HOME - 弁護士コラム一覧 - 2019-01-07

弁護士コラム

弁護士一日日記 平成31年1月度【挑戦の1年】

弁護士1日日記 平成31年1月度
【挑戦の1年】
  平成31年(2019年)、新年明けましておめでとうございます。
  新しい年を、希望を持って迎えられたことと存じます。
 我が、新さくら総合法律事務所も11年目正月を迎え、「新たなる旅」を開始することと為りました。
 「新たなる旅」とは、「新しい弁護士業務」を求める旅であり、「新しい人材」を求める旅でもあります。
  時代の変化に対応し、新しい弁護士業務の在り方が求められています。
弁護士歴40年を迎える私は「古典的な弁護士」の部類に入ることと為るでしょう。新しい弁護士像は、情報処理能力に長けた「スマート」な弁護士像と思われます。ネット社会の最先端を走る能力・センスが求められています。
 そのために「新しい人材」を求める必要が有ります。この1年は新しい人材を見つけ出し、必要とされる新しい弁護士事務所像を作る一歩にしたいと思います。

 さて、本年5月1日からわが国の「天皇」が変わります。そのために、「元号」が変わります。
 昭和を40年、平成を30年生きた私としては最後の「元号」と為ると思われます。
 戦争をしないうちに終わった平成と言う時代は幸せな時代だったと振り返ることと為りましょう。我が国が戦争をしなかっただけで、世界中では多くの戦争が有りました。今も戦闘が続いている地域が有ります。
 国家と言う社会形態が、自己主張を貫こうとすると「暴力装置」を発動させざるを得ないと言う人間社会の「業」を取り除かねばなりません。
国際社会では「一国平和主義」はあり得ません。戦争行為に巻き込まれるからです。「人間の歴史は戦争の歴史」という常識を覆さねばなりません。
自分だけが「平和憲法」を持っても何も解決しないでしょう。「戦争をしない国家」こそが国際社会で発言権を持ちうるという社会構造の変革が必要です。
拒否権に振り回される国際社会は、平和に向けた有効な手立てを出せず、悲劇が放置されています。
100年、200年と言う長い時間が地球には必要と思われます。

平成31年1月1日
                        弁護士 加 藤 謙 一

(2019-01-07)

法律相談

事務所のご案内

コラム

法律相談のご予約は電話番号:059-227-6951まで。必ずお電話にてご予約ください。